ABOUT  VOODOORIDEとは

HOME > お役立ち情報 > シルクを施工したら、コーティングが取れませんか?
製品
2021/09/30
シルクを施工したら、コーティングが取れませんか?
シルクを施工したら、コーティングが取れませんか?

という、お問い合わせを頂戴しました。
水滴跡が取れる訳ですから、もしや?と考えてしまいますよね!
お気持ち理解できます。

という訳で今回のご説明です!
結論から申し上げますと、ご心配無用です。

取れるべきコーティングは取れますし、取れたらマズイコーティングは取れません。

どういう事?

皆様がDIYで作業する範囲の簡易コーティングは、そのまま放置しておけば腐り自然消滅します。
絶対に『数年も持ちません。』 『また施工直後から劣化が始まります。』
何もしていなくてもコーティング効果は日々低下し無くなります。平均的な寿命は3ヶ月前後です。

そもそも、防汚保護を主体とした簡易施工コーティングは
主に塗装面へ汚れが焼付く事を防ぐという仕事をしながら、徐々に劣化しダメになるものです。

必ずです。

何故なら有機物だからです。
生き物や、食べ物も有機物です。必ず劣化します。
いくら最新でスーパーなセールストークのコーティングといえども、有機物である以上、同じ運命をたどります。

ですので、コーティングを愛車の美観維持と塗装面の保護のために施工されているのでしたら、必ず定期的にコーティングの入れ替え(除去と新たに施工)をしないとコーティングの意味がなくなります。そのように出来ています。

これが、カーケア作業で取れるべきコーティングです。

対して、カーケア作業で取れてはマズイ、コーティングですが、
これは『主に専門店に施工をお願いする類の硬化型のコーティングを指します。』

このコーティングを少し深掘りします。

まず専門店などで施工される事がほとんどです。
塗装面上で固めて定着させる訳ですから、塗装を新たに上塗りするのと同じ程度の技術と設備が必要になるためです。

次にコーティングが下記の2層で構成されている事がほとんどです。
① 硬度を向上させ塗装面を摩耗から守るための硬化定着コーティング層
② 排水性を向上させ汚れの固着から守るための簡易コーティング層
高価な分、皆様がDIYでも施工できる②に加えて、①の機能を追加している訳ですね。

① 樹脂であったりガラスであったりします。塗装面へ硬化定着させます。小まめに貼り替える事を前提にしていません。施工には塗装作業と同様に高い細心の注意を必要としますし、除去も簡単にはできません。 もちろん時間経過と共に劣化は進行しますが、謳い文句通りダメになるまでには数年~数十年はかかります。ただしノーメンテで良いとう訳ではなく、摩擦や汚れの焼き付きなどで劣化した表層を研磨作業で整え、美観を保つレベルのメンテナンスは必要となります。

② は前述した通り簡易コーティングですので、入れ替えを前提として施工されます。平均3ヶ月前後で役割を終えますので、シルクを使わなくても日常的に繰り返される洗車等のカーケアや降雨などの天候要因で劣化消滅してしまいます。

いかがですか?
皆様がケーケアで取れるとマズイと思っていたコーティングの概要がご理解いただけたと思います。

そうなんです!
カーケア作業で取れない様に気を使って扱われているコーティングは、実は取れるべきコーティングも同時施工され、2層で完成している訳です。

なぜなら!!
専門店が施工する硬化型のコーティグは①がコーティングの主な価値の部分となっており、その役割上しっかり固めて塗装面へ定着させていますから、それを取るのは大変な作業なのです。だから同時に汚せないんです。なので、その①のコーティングを守るために②のコーティングを更に上塗りします。ただし②のコーティングは美観と防汚性を維持するという効果と引き換えに劣化していきますので定期的なメンテナンスで入れ替えなければなりません。つまりいつでも取り換えが効くコーティングで守っているという事です。

考えてみてください。
コーティング専門店のコーティングでも定期メンテナンスが必要と言われますし、ディーラーオプションのコーティングにも必ずメンテンナスキットが付帯します。
これは【劣化したコーティング被膜は必ず入れ替え処理してくださいね】という事です。

もう、ご理解いただけたと思います。

この②の取れるべきコーティングの入れ替え作業を皆様がDIY感覚で簡単に出来る様にした製品がシルクです。
シルクで作業を行うという事は、施工店で定期メンテナンスを受ける事や、コーティングに付帯のメンテナンスキットを使って定期的にメンテナンスする事と同様なのです。

なのでシルクを使用しても、なんら問題が起きるとは考えられません。
作業を行わないほうが、かえって車が酷い状態に汚れます。

硬化型のコーティングはノーメンテで良いと信じ続けメンテナンスをしないでいた結果

『気がついたら水滴跡が取れなくなっていた。。』
という苦い経験をされた方は多いはずです。

そのような方々のお役に立つと信じ、シルクをご提案し続けています!

まとめです。
〇コーティングは2種類ある。(硬化定着型、簡易定着型)
〇防汚効果により美観を守る役割を持つコーティングは、簡易定着型であり必ず定期的に入れ替えを必要とする。

【古いコーティングを除去する】→【新しいコーティングを作る】

それを、一度の作業で出来るようしたのが、シルクです。
ですから、当然、シルクの使用に伴い、劣化し古くなった簡易コーティングは除去されます。
その様に作っています。

ただ取れてはマズイコーティングまでは除去できません。
ご安心ください。
TAGS
タグ