ABOUT  VOODOORIDEとは

HOME > お役立ち情報 > カーシャンプーは奥が深い!
カーケアのアレコレ
2021/03/31
カーシャンプーは奥が深い!
お水で洗ってもある程度は綺麗になるよね!
カーシャンプーって使った方が良いのかな?

良くご質問を受けます。
今日はカーシャンプーを使うメリットについて書かせていただきます。

カーシャンプーは奥が深い!

まず、汚れを分解する洗浄力を活かして、水のみの洗浄と比較し、より少ない力でボディーに付着した汚れを磨き取る事ができます。

次に、イオンデポジット(水滴が乾いて出来る輪状の跡)の形成を防ぐ効果が期待できます。

ん!?
イオンデポジットって洗車時に出来るの?

そうです。

降雨後に晴れてイオンデポジットが出来ると認識している方が多いと思いますが、実は雨水よりも水道水の方が遥かに危険です。

カーシャンプーは奥が深い!

イオンデポジットは水に含まれるミネラル分(金属イオン)が水分の蒸発後に残留した物です。

カーシャンプーは奥が深い!

雨は湿った空気が冷やされ水滴になり発生するのでミネラル分が混ざっていません。イオンデポジットを作る元がないのです。ただ実際の雨は空気中の砂塵を取り込みながら落ちて来るので、その砂塵が原因となりイオンデポジットを残す事もあります。それでも雨が長時間本降りした場合などは、次第に空気中の砂塵なども綺麗に洗い流されてしまう為、やはりそれほど心配する必要もなくなってきます。(※パラパラと短時間だけ降る春の雨などは注意が必要ですが、防汚目的のポリマーコーティングがされていれば、後のカーケアで必ず除去できます。)

対して、水道水にはしっかりミネラルが含まれます(日本の硬水度平均値は約70mg/Lとなり、WHOのガイドライン上では中程度の量のミネラルが含まれている事になります。)この水道水がボディーで加熱され水分が蒸発すると、イオンデポジットの元だけが塗装面に残ります。

カーシャンプーは奥が深い!

そして残留したイオンデポジットの元は、次第に熱を持っていくボディーに加熱され固着しイオンデポジットを完成させてしまいます。
怖いですね。。。

このような理由で、カーケアの中でも一番身近な作業の洗車が、もっとも水滴跡を作ってしまうリスクが高いという事をご理解いただけたと思います。
ではカーシャンプーは使った方が良いとして、次にどんなカーシャンプーを選択すべきかですが、
やはり日差しとボディーの熱に対して、どれだけ考えられているかだと思います。

カーシャンプーは奥が深い!

ボディーが加熱されやすい季節になると、必用以上に小まめに濯がないと途端にムラができるカーシャンプーはお奨め出来ませんし、洗うだけでお水が玉弾きするカーシャンプーも便利な気はしますが、実際は小まめに、洗う、濯ぐ、拭き取るという作業を繰り返して水滴を拭き取りながら進めないと、あっという間に水滴跡を残して乾燥してしまうので、やはりお奨め出来ません。作業を行う事が多い屋外では、想像以上にボディーが早く熱を持つという事を忘れないでください。
もちろん、日が昇らない早朝や、日が沈みかけた夕方、又は曇りの日を狙って、洗車するという方法もありますが、そんな制限付きのカーシャンプーではタイムリーに洗車できないので、場合によっては汚れを付着させたまま長時間放置する事にもなり、本来の洗車の目的から外れてしまっている気がします。

カラッと晴れる晴天が多く、自然が豊かでミネラルたっぷりなお水が流れる国アメリカで生まれたカーシャンプーには、先にお話してきた洗車中のリスク、ミネラル豊富な水道水、太陽の熱、に囲まれながらも、安心して洗車できる製品が多いです。

何故か?
それは純粋に洗車の環境が厳しいからです。どれだけ、洗車に厳しい環境かというと、

先ずは、年間降水量ですが、日本の1668mmに対してアメリカは715mm。
つまりアメリカは日本の2.3倍も晴天の日が多い事になります。
そして、水滴跡の元になる水道水のミネラル含有量ですがUSAの主な地域を2、3上げるとラスベガス:400mg/L ロス:90mg/L シカゴ:130mg/Lとなり、日本の2~3倍も硬水度が高い事が分かります。
本当に厳しい環境ですね。。。

VOODOORIDE、JUJU(ジュジュ)カーシャンプーを使われたことがある方は、その違いに気づかれると思います。とにかく洗車が楽ですし、何故か綺麗に仕上がります。

それはやはり厳しい環境でユーザーの使い易さを追求した結果が、形になっているからです。
ちょっとご紹介させていただきます。


①水道水にミネラル分を無効化する成分:イオンデポジットの元を封鎖
②親水状の排水性能を持たせる事で水滴を作らせない:レンズ効果で塗装を焼かない。
③カルナバ被膜で洗車中も簡易保護:水滴跡が残った場合でも塗装面に焼き付かせない。
④生物分解成分のみで製造:排水が自然環境にインパクトを与えない。

皆様に安心して、楽しく洗車して頂けるシャンプーになっています。良かったら是非お試しください。

カーシャンプーは奥が深い!
TAGS
タグ
RANKING
最近人気の記事