ABOUT  VOODOORIDEとは

HOME > お役立ち情報 > 安全について考える。
カーケアのアレコレ
2021/03/12
安全について考える。
塗装面のお掃除に関するテーマです。
言うに及ばす、綺麗な車を維持する為に必要なのは、汚れの除去です。
ここを避けては通れないのですね。。。。

綺麗な車の維持に必要なのはコーティングだよ!と思われるかもしれませんが、そんな魔法のコーティングを私は知りません。
コーティングは車のメンテナンスを楽にする補助的な役割を持ちますが、それ以上の効果を期待する物ではありません。
事実、そこに期待して硬化コーティングを施工したものの、期待しすぎてノーメンテで放置した結果、水滴跡が酷くなったという事例を沢山見ています。

安全について考える。

その皆様を悩ませている水滴跡。イオンデポジットやスケールなどとも表現されるのですが、その除去方法にご興味のある方がとても多いのでしょうね!

その方法は様々なサイトでハウツーや製品となって多数紹介されております。

本当に沢山あります!!!





実は2つしか方法はありません。

【削る】と【溶かす】です。

安全について考える。

で今日のお題にたどり着きます。

【削る】と【溶かす】は、どっちが安全なのでしょう???

安全について考える。

まず【削る】ですが、こちらは100%磨材を用います。ただその磨材(コンパウンド)にも多々ありまして、いわゆる塗装のDIY(傷補修)や金属磨きに使うようなタイプから、汚れなどの荒れを綺麗にしたり、又はソリッドなどの繊細な塗装面の艶出しに用いるタイプまで、硬さ、大きさ、素材と様々です。

弊社が知る限り、一般の方が水垢を除去したりする用途に作られた製品へ含まれる磨材は、塗装面を削るまでの研磨力は無いに等しく、塗装面への悪影響はないといっても良いレベルの物がほとんどです。(※研磨剤として販売されている製品は削れます)
洗車の経験が全くない方でも、説明書通りにご使用いただければ、目視できる傷が入る事もありません。
それなのに何故か磨材入りを使う事が悪の様に認識させられています。


車の塗装面が剥げるまで磨いた!なんて知り合いは私の周りには一人もいません。

安全について考える。

しかし絶対に磨材入りは使わないという方々は、イオンデポジットや水垢をどのように除去するのか不思議でなりません。

実際、多くのカーディテイリング専門店でも、コーティング前の塗装面や、コーティング後の被膜のメンテナンスでは、しっかり磨きを行っています。



次に【溶かす】方法です。用いられる成分にはクエン酸やグリコール酸、カルボン酸など、多々あるのですが、主にボディーで、尚且つ皆様が悩まされる、シランやシロキサンをベースにした硬化系コーティングに固着した水滴跡(イオンデポジット)を溶解できる成分となると、フッ化水素やフッ化アンモニウムのみです。

(※ガラスが曇る※金属が変色する※加熱してはダメの記載があれば、高い確率でその成分です)

確かに、実際に使用しますと大変に作業効率も良く、簡単にイオンデポジットが除去できるのですが、人体にも悪影響を及ぼします。

安全について考える。

まず皮膚にチクチク、ピリピリといった痛みが出ます。これは人体の成分と反応し、尖った結晶が出来る為で、その結晶が皮膚を刺すわけです。反応する人体の成分は何かというとカルシウムです。カルシウムに反応しますので次第に骨も侵します。
体への付着を充分注意していても、加熱された際のヒューム(蒸気、揮発性の粒子)も同様に有毒で腐食性が高いので、気づかずに浴びたり吸引してしまった場合は、目や気管支などの粘膜より吸収され、やはり症状がでます。例えば天気が良い日に屋外で湿ったクロスをボディーに当てて湯気が立った経験はありませんか? その湯気が有毒だったらと想像してください。

怖いですね。。。。。。 

そしてこの薬品ですが人体だけでなく、金属やガラスといった素材も腐食させますので、使用後は確実に入念に除去を行わないと、車にも影響を及ぼします。



どちらが良いというレベルの話ではない気がします。
一般の方が使う場合、色々な意味で削るより安全なのか疑問が残ります。


最近、シルクのイオンデポジット(スケール)除去の仕組みに関してお問い合わせをいただく事が多くなりました。 ドクロマークだけにご心配されてしまうのだと思いました。 シルクのイオンデポジット除去は磨きによるものですが、安全です。ご安心ください。

安全について考える。

非常に細かい磨材に仕事をさせています。その研磨力は塗装面の荒れを補修する程度です。皆様がご心配されるように塗装面を削って薄くしてしまうなどという事はほぼ不可能です。(ポリッシャー等を使用して磨く、などの場合は除きます。)

私たちは家に次いで高価な財産にお使いいただく製品として、作業性や結果のインパクトよりもお車への安全性を優先に考えて製品を開発しておりますし、当然、スペアの効かない人体への影響や、環境への影響は、それ以上に重要な事項としてとらえております。

安全について考える。

皆様が楽しく安全にカーケアを楽しめる一助となると嬉しいです。
TAGS
タグ
RANKING
最近人気の記事